人間関係

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさい人の特徴と対処法とは?

こんにちは桃子です。

職場の人間関係のなかで、めんどくさい人と感じる人、あなたの職場にもいませんか?

職場で人間関係をめんどくさいと思わせる人、実はどこの職場にもいるのです。

こんな方におすすめ

  • 職場の人間関係に悩む方
  • 職場の攻撃的なめんどくさい人に悩まされている方
  • 職場の攻撃的なめんどくさい人の対処方法を知りたい方

職場で人間関係をめんどくさいと思わせる人、最近もの凄い勢いで急増中というから、どこの職場にもいる可能性が高いのです。

今回は職場の人間関係めんどくさい…なかでも、攻撃的なめんどくさい人の特徴と対処法の記事になります。

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさい人 実は病気だった!

職場で人間関係をめんどくさいと思わせる人、案外身近いに多いのです。

なかでも、この職場で攻撃的で人間関係をめんどくさいと思わせる人、実は病気だったのです。

境界性パーソナリティ障害(人格障害)

職場で人間関係を攻撃的でめんどくさいと思わせる人は、一般的に感情や対人関係の不安定さ、衝動行為に問題がみられます。

境界性パーソナリティ障害(人格障害)の特徴

職場で人間関係を攻撃的でめんどくさいと思わせる人は客観的にみて、こんな特徴があります。

ポイント

  1. 異常と感じられるほどに攻撃的・感情的・否定的な行動を発作的に起こす
  2. 感情的に激昂したときの「言葉遣い」が異常なほどに酷い

後半の2番目が非常に独特で、普通の感覚を持った人間であれば2度と顔を合わせられないというレベルの暴言を相手にぶつけるのです。

しかし、感情が落ち着いてしまうと別人格のようになるのです。

サラリーマン
そんな事はいっていない、私は冷静だ!

境界性パーソナリティ障害(人格障害)は精神科・神経科の疾病

境界性パーソナリティ障害(人格障害)は厚生労働省も公式に認めている精神科・神経科の疾病

だから、攻撃的でめんどくさい人の不快な行動や問題行動が、性格の問題だとか、気分が悪いからという理由で片付けること、我慢することは間違いというわけなのです。

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさい人 私の職場の場合は50代男性

職場の人間関係を攻撃的でめんどくさいと思わせる人で、境界性パーソナリティ障害の発病者の7割から8割が女性で、40代以上の中高年にに多いといわれています。そして、ご多分に漏れず、私の職場にもいます!

胡桃
…また怒鳴ってる、あのおっさん…

「自分自身が正しいのだ」という想いが極度に強い

ちなみにこの50代男性。役付きでもなく、ただのペイペイの平社員。

俺様が一番歳上だ!お前らいっさい俺に口答えすんなよ!

しかも、このご時世に年功序列を振りかざす時代錯誤感で満載のthe昭和のおじさん。

俺様に対してイエスマンは可愛がるが、イエスマンでない人に対しては攻撃性が半端ない。

自分の優位性を保ちつつ、相手を攻撃することを正しいとする

イエスマンでない人への攻撃は、まるで子どもの陰湿なイジメと同じ。

ポイント

  • 攻撃する特定の相手を決める
  • 攻撃する特定の相手の欠点全てがその人の人格だと思い込む
  • イエスマンたちを巻き込んで徹底的に攻撃する

ハッキリいって、みんな不快感でいっぱいですが、本人は気づいていません。

何度もいいます、50代のいい歳したおっさんです。

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさい人への正しい対処法はこれ!

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人へは正しい扱い方や対処法があったのです。

ところが、対処法を間違えてしまうと職場で人間関係を攻撃的でめんどくさいと思わせる人から一気に攻撃という被害を受けることになるので、要注意です。

職場にいるめんどくさい人本人が病気であることを認めることがベスト

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人が職場からいなくなってしまえばいいのですが、いなくならないのなら、

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人本人が病気であることを認めること、

そして、精神科や神経科といった専門機関を受診して適切な医療的治療を行ってもらうことです。

しかし、現実的には上手くいきません。

なぜなら、職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる、当の本人は何にも困っていないから。

それどころか,

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人自身、俺様が正しいと思っているので質が悪いのです。

境界性人格障害のめんどうな人からは逃げるべき

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人への正しい対処法はずばりいっさい関わらないこと

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人、当の本人が困っていない以上、病気に気づくことも、他人からの指摘に応じることもないのが現実なのです。

というのも、職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人が境界性人格障害なら、自分が正しいと思い込んでいることが境界性人格障害の特徴なのだからです。つまり、

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人から身を守るためには、極力関わらないことが一番なのです。

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人は「無敵の人」として放置!?

無敵の人とは、インターネットスラングで、社会的に失うものが何も無いために犯罪を起こすことに何の躊躇もない人という意味

守るべきもの、失うものがないので、自暴自棄になったら何をするかわからないからねぇ…

まさに、守るべきものがない人は、世の中を騒がせる事件をしでかさないかという不安があるようで、会社の対応は放置なんです

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人は断捨離しても良い

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人、私の職場にいるめんどくさい50代男性もかつては仲良く仕事をする仲間でした。しかし、

私が職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人に対して、イエスマンではなかったので、攻撃の矛先が向かってきたのかもしれません。今では、

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人から、私自分がこれ以上被害を受けないために、関わりを完全に切っています。

職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人が攻撃してくる以上、当然にして必要な対処法ですね。

ちなみに、職場の人間関係 攻撃的でめんどくさいと思わせる人からの攻撃は今も続いています。

-人間関係

テキストのコピーはできません。

© 2021 りべんじ~副業で稼いで自由を勝ち取ろう~ Powered by AFFINGER5